〈コラム〉人気カウンセラーへの道125話 カウンセラーのための「オンオフの切り替え方」

 コラム

「ヤバタさんは、オンとオフの切り替えはどうしていますか?」

 

すでに開業カウンセラーとして活躍しているKさんから、このような質問をいただきました。

 

会社に勤めている時のKさんは、平日働いて土日は休む、というサイクルを繰り返していました。

仕事と休みが規則的なので、自然とオンオフの切り替えができていたようです。

ところが、起業したとたん、いつもスイッチがオンの状態で、ストレスがたまっているということです。

 

そこで冒頭の質問を私にされたのです。

「オンオフの切り替え」をどうしているのか?

 

それは・・・

 

 

「オンオフを明確に切り替えていない」です。

 

基本的に好きな仕事をしているので、スイッチをオフにする必要がない、というのが正直なところです。

 

でも、明確にオンオフを切り替えない最大の理由はこれです。

プライベートのときに、仕事に役立つヒントが至る所に転がっているから。

 

完全にオフモードにしてしまうと、貴重なヒントに気づけないのです。

 

例えば、本屋さんにふらっと立ち寄った時に、「この本のタイトルは、今度の記事タイトルに応用できそう」と気づくことができます。

 

何気なく見ているテレビでも、「こういう伝え方をすれば、皆にわかりやすく伝えることができるんだ」と表現の方法が身についたりします。

 

連続ドラマを見ていると、次も見てもらうために次週の予告を入れています。そういった次への期待感を膨らませるという見せ方は、カウンセリングで私は活用しています。

 

このようにプライベートの過ごし方によって、仕事の能力により深みを与えることができるのです。

仕事のやり方が深まることで、プライベートの過ごし方も充実してくることを感じています。

このように仕事とプライベートを明確に切り替えないことで、それぞれに相乗効果をもたらすのです。

 

ですので、ストレスがたまりそうだからということで「明確にオンオフを切り替える」という考え方は、もったいないことになります。

 

だから、「オンオフを切り替えなければ」と、こだわる必要はないのです。

そこのこだわりは手放した方がいいでしょう。

 

とはいうものの、好きな仕事をしていたとしても仕事内容を細かくみていくと、ストレスがたまる内容も現実としてありますよね。

 

悩みが深くて重たいクライアントさんを何人も抱えていたら、プライベートでも重たい気持ちを引きずってしまうことが出てきます。

 

そういう場合はどうしたらいいのか?

 

そういう場合でも、「明確にオンオフを切り替えなきゃ」と焦っても上手くはいきません。

仮に完全にオフモードにできる人がいても、それは先ほどお伝えしたように、プライベートを仕事に活かすことができなくなります。

 

ですので、オンオフは切り替える意識は持たずに、仕事の時間中に「ネガティブな思いだけを振り払っておく」ようにします。

 

 

具体的には、その人をイメージしておいて、そのイメージを遠ざけるようにします。1回だけでは足りないので、何度も何度も遠ざけておきます。

心の距離が近すぎると、潜在意識は重要なことだと判断するので、ストレスがより大きいものになってしまうのです。

 

ですので、オンオフを完全に分けるという感覚ではなく、ストレスをもたらすものは、遠ざけておくことで、プライベートを存分に楽しむようにしています。

 

少しでも参考になりましたら幸いです。