カウンセラー起業の2大不安とは!?

 

本気でカウンセラーとして起業を決意した時、

2つのことが不安になってきます。

 

1つは、カウンセリングのスキルについてです。

「勉強はしてきたけど、はたして実際にクライアントが目の前に現れて、悩み事を伝えてきたときに、ちゃんとカウンセリングができるのだろうか?」

という不安です。

 

もう一つは、実際に開業したら直面する問題です。

「全然クライアントがやってこない」「こんなはずではなかった」という集客面の不安です。

 

そして、またこう思うのです。

「もし、クライアントがきたら、ちゃんとカウンセリングできるだろうか?」というスキルの不安です。

 

この不安がグルグル回り出すと、とてもマズいわけです。

集客したいけど、いざ予約が入っても困るという矛盾した状態です。無意識化では、集客したくないという働きがあるのです。

 

実は10年以上前ですが、私自身もこの集客の悪循環に陥っていました。

 

この悪循環を断ち切るために私は3つのことを意識しました。

 

どんなクライアントが来ても対応できるようにテンプレートを作っておくこと。

次にカウンセリング初回60分のペース配分を作っておくこと。

最後にクライアントが実際に予約を入れてから、カウンセリング当日までの趣味レーションを徹底しておくこと。

 

 

不安をとにかく減らしたいわけです。不安を減らすことで、集客活動のブレーキを外すことができます。

 

私の場合、うつ専門で始めたので、うつ用の資料を用紙するようにしました。初めて来られる方に対して、まず最初に見せる資料です。

しゃべりやすいクライアントが来た時はいいのですが、どうしても人間ですから波長が合わない人もいるわけです。

 

でもこちら側はプロですから、できるだけ安定したカウンセリングをしたいわけです。そのために資料を用意しておくことで、私自身も安心することができたのです。

 

さらに、1回のカウンセリングの時間配分も大切です。

クライアントさんも個性豊かで、もう自分のペースでどんどん話を進めていく人もいるのです。これはカウンセリングじゃないなというくらい、まとまりがないものになってしまうことがあります。

 

そうならないために、あらかじめザックリとでいいので時間割を決めておくのです。ガチガチに決めた通りにはやらなくていいですが、でも一通りつくっておくことで、やはり安心感は違ってきます。

 

そして、最後はクライアントが実際に予約を入れてから、カウンセリング当日までの趣味レーションを徹底しておくことです。

 

自分がお客さんになったつもりで、自分のWEBサイトを訪れ、予約や問い合わせをしてみます。電話、メール、今ならLINE@。いろいろなシチュエーションで試してみて、何が必要なのかをしっかり把握します。そして、一つずつ準備していくのです。

この辺があやふやだと、いざ集客しようとしたときに、準備が整っていないことで、思い切れないのです。

「いざ予約が入っても困るな~」という無意識のブレーキがかかってしまうのです。

 

今回は、カウンセリングスキルの不安や集客の不安をいつもとは別角度から解消していく方法をお伝えしました。

 

でも実際にこういった不安をそのままにしておくと、思い切った行動ができないなってしまうのです。

ぜひ、余計な重荷は早めにおろしておきましょう。