〈コラム〉人気カウンセラーへの道182話 カウンセラーになりたいけど私にはムリですよね

 コラム

 

 

 

「カウンセラーになりたいな~」

 

今からもう20年以上前に

私が密かに胸に抱いていた想いです。

 

 

でも、

高校を中退しているし・・・

引きこもっているし・・・

何の取り柄もないし・・・

 

 

自分にはムリだ。

そう思っていました。

 

 

私以外の人もそうです。

 

地方に住んでいるし・・・

在宅なのでダメだ・・・

 

このように

カウンセラーへのあこがれの気持ちが浮かぶけど

現実的な考えが浮かぶと

あきらめモードになり意気消沈してしまう。

 

 

そういう方が多いようです。

 

 

でもそれは・・・

 

 

 

《誤解》です。

 

 

私は10年以上前に

その誤解に気づいて、

カウンセラーになりました。

 

そして、

毎月100万の売上を達成して

多くの悩める人たちに喜んでいただけました。

 

 

 

私以外の人たちも同じです。

 

地方に住んでいるからダメだ。

育児中なのでムリ。

介護中なので家から離れられないから

カウンセラーにはなれない。

 

 

そう思い込んで

本当はカウンセラーとして

悩んでいる人たちを救いたいのに

その気持ちを封印してしまう人もいるのですが、

 

これも完全に誤解でした。

 

 

 

カウンセラーはいろいろな形があります。

 

インターネットの電話を活用すれば

対面でカウンセリングをしているのと

変わらないサービスが提供できます。

 

地方に住んでいても

全国のお客様に対応できるので

何も問題ありません。

 

 

その他にも、

 

「私は

うつ病とかパニック障害といった

精神疾患を扱うのはできないから・・・」

 

といったことで

カウンセラーをあきらめる人もいます。

 

 

これも誤解です。

 

先ほども言いましたが

カウンセラーにはいろいろな形があります。

 

恋愛に特化したカウンセラー

転職カウンセラー

不登校カウンセラー

家族関係専門

アダルトチルドレン専門

 

といったように

カウンセラーと一口に言っても

多種多様です。

 

かなり自由度がありますので

あなたの夢をあきらめないでくださいね。

 

カウンセラーへの道は

必ず見つかります。

 

 

 

前回、

カウンセラー起業をして

成功する人は

《早い時期から起業準備》をする。

 

そして、

起業直前には

《怖さと不安》が極限まで膨らんでくるという

ことをお伝えしました。

 

この部分がどのように対処するかが

起業して成功するかどうかの

重要ポイントになるのです。

 

 

ですので、

 

ネガティブ感情に押しつぶされずに

スムーズに起業して、

スムーズに成功できるように

起業準備を整えていく。

 

 

こういった教材を考えていますよ~、と

前回お伝えしたところ、

 

「どんな内容になるのですか?」

「ちょうど起業しようと考えていたので気になってます」

「起業直前なのですが私でも大丈夫でしょうか?」

 

 

このようにかなりの反響があったので

本格的に作り始めています!

 

ぜひ、楽しみにお待ちください。

 

 

____________________________________

やたtube(動画チャンネル)登録お願いします ⇒https://www.youtube.com/channel/UCuhEPMb08vPUbPxpxDY-ICg?view_as=subscriber