〈コラム〉人気カウンセラーへの道164話 カウンセラービジネスを一人でやるか?仲間でやるか?

 コラム

 

 

いきなりですが

カウンセラーという仕事はかなり孤独です。

 

カウンセラースクールで学んでいる時は、仲間ができます。

弱みをさらけ出したとしても、

誰もが受け入れてくれるので、とても心地がいいのです。

 

ですが、スクールを卒業して

起業後は結構孤独になります。

仲間でありながら、ライバルでもあるので、

嫉妬もあります。

妬みや愚痴、売れている人への批判も出てくることもあります。

 

私自身もカウンセラーデビューして数年間は、孤独に戦っていました。

一人でやっていくといろいろメリットがあります。

同時にデメリットもあります。

 

そこをまずは押さえておく必要があります。

まず、一人でやるメリットは・・・

 

 

 

一人でやるメリットは、行動が早いということ。

それに尽きます。

 

一人なので「やろう」と思ったらすぐに行動に移せます。

とても自由で小回りが利きます。

 

自分で決断、自分で責任を取る。

全て自分で決められる代わりに、全て自分で対処しないといけません。

決断と責任を繰り返していることで、かなりマインドが鍛えられていきます。

どんどん孤独力がついてきます。

 

孤独力は、決断力と言い換えてもいいかもしれません。

起業家にとって決断力は必要不可欠なものです。

 

一方でデメリットは、

先ほどからも度々出てきていますが、

カウンセラーは孤独だということです。

 

誰にも相談できない人も多いです。

相当心細いものがあります。

方向性を見失ってしまって、

何をどうしたらいいかわからなくなってしまうこともあります。

 

それと、モチベーションの波があるという問題があります。

良い波が来ている時は全然いいのですが、

モチベーションが下がっている時は、

どうしようもなく下がったままになってしまいます。

 

私も経験がありますが、

1週間、1か月とずっと下がったままで、

何も手がつかない状態という、

非常にもったいないことを何度か経験しました。

 

一人で頑張るメリットもありますが、

結構デメリットもあるんですよね。

 

デメリットは、

方向性を見失ったら、モチベーションが下がりっぱなしという

致命的なものになります。

 

 

そこで、仲間と一緒に頑張ることが必要となってくるのです。

ただし、これもメリットデメリット両方あります。

 

こちらはデメリットから。

 

デメリットとしては、先ほどの一人でやるメリットの逆です。

一人でやると、早く行動できていたのが、

仲間でやると、行動がどうしても遅くなります。

今までは自分の感覚だけでやっていたのが、いちいち打ち合わせが必要になります。

 

とても面倒なものではあります。

 

ですが、それデメリットを補って余りあるメリットがあるのです。

 

それは・・・

 

一人でやるときよりも

仲間でやると、《広い世界になる》ことです。

 

一人では、《行動は早いが世界が狭い》です。

それが、仲間でやることで、《行動は遅いが世界が広く》なります。

 

仲間でやるっていうのがピンとこないかもしれないのですが、

これは例えば、

カウンセリングの分野において

お互いの得意分野があるはずなので、紹介し合うというものです。

 

ただし、気を付けないといけないことがあります。

仲間同士応援し合って紹介するというのは、

基本的にはしっかりと孤独力が育っていて、

一人で集客ができている状態というのが大前提になります。

 

逆に実力不足同士が手を組んでも、あまりいい結果にはつながりません。

そればかりか空中分解してしまう可能性もあります。

 

心地よく応援し合える仲間がいると、

モチベーションも格段に保ちやすくなります。

困難が襲ってきても、依存的なクライアントに悪影響を受けても、

いつでも相談できる仲間がいるだけで、不思議と力が湧いてきます。

これはめちゃくちゃ大きいですね。

その力はここ数年、身を持って感じています。

 

そして、何と言ってもビジネスの世界がどんどん広がっていきます。

ビジネスステージが一気に上がります。

 

私自身は、こういった心地よく応援し合えるカウンセラー仲間を増やしていって、

カウンセラー業界全体を盛り上げていきたいと思っています。