プロフィールでカウンセラーが圧倒的に差別化する方法

 ■独自の強み発見法
140313_kujaku

カウンセラーさんのホームページやブログを見ていると、必ずと言っていいほどプロフィールのページがありますよね。

 

クライアントにとって、どんな人からカウンセリングを受けるか、非常に重要なチェックポイントになるからです。どんな人かわからないと、そもそもクライアントは不安で予約をしてきません。

 

しかし、プロフィールのページを見ると、端的にまとまりすぎていて、結局どんな人物なのか、いまいち伝わってこないのです。

 

たいてい箇条書きだけのプロフィールだったり、文章が書いてあっても情報量が少なすぎたりします。

 

情報量が少ないと、クライアントには全然伝わりません。

だからといって、闇雲に長いだけのプロフィールは、読む気がしなくなります。

 

では、どうすればいいのか?

 

  

それは、短いプロフィールと長いプロフィールを両方作るといいのです。

 

「なんだ、そんなことか」

 

と思われるかもしれません。でも、それがクライアントの視線になると、読みやすいプロフィールなのです。

 

まずは短いプロフィールからです。

経歴を箇条書きでまとめます。少なくても3項目。多くて10項目は欲しいところです。

 

そして、A4用紙で1枚くらいにまとめた短いプロフィールを載せるのです。

 

経歴だけ確認したい人にも、経歴を見て興味を持ち短いプロフィールを読みたい人にも対応したプロフィールとなります。

 

そして、その後にもう少しく詳しいプロフィールとして、長いプロフィールを載せるのです。

 

そうすると、さらっと読みたい方には、短いプロフィールを読んでもらい、じっくりカウンセラーの人柄に触れたい方は、長いプロフィールを読んでもらえます。

 

実際どんなものなのかをお見せした方がわかりやすいですね。

(私のプロフィールの事例ですが、下記のリンクをクリックしてご確認ください)

https://no1-support.jp/representative-career.html

 

私の長いプロフィールは、A4で14ページ、6,000文字以上にも渡ります。

カウンセリングのホームページのプロフィールも、これと同様にかなり長いプロフィールを採用しています。

 

こんなに長くて読まれているの?

 

と疑問に思われるかもしれません。

 

 

でも、問題ありません。

ちゃんと読んでいる人はいるのです。なかには印刷して、何度も読み込んでいる人もいました。そういう人は、「絶対このカウンセラーから受けよう」と決めているケースが多いです。

 

それだけ、プロフィールは共感や感動を生み出すところなので、しっかりと作りこんでいきたいですね。

 

 カウンセリングの技法は、似たようなものが多くて、クライアントにとっては、どれが優れた技法なのか、自分にピッタリマッチしているのか、さっぱりわからないのです。

 

その点、プロフィールは違います。生き様はその人固有のものです。過去のエピソードを語るだけで、その人独自の強みとして、クライアントには伝わっていくのです。

 

親しみと共感が生まれるプロフィールですが、もう一つ重要なことを盛り込んでおいてください。

それは、あなたのクライアント属性にあった専門性です。専門家としてのあなたの立場を明らかにしておくことで、信頼性も高めておくことができます。

 

このようにすると、簡単に他者と差別化できるので、ぜひ短いプロフィールと長いプロフィールを作ってみてくださいね。

 

あなたはプロフィールでクライアントの心をしっかりと掴んでいますか?

 

 

step002_012