〈コラム〉人気カウンセラーへの道168話 自然と成功へと進む人、失敗へと進む人

 コラム

 

今、矢場田は

「安心安定のカウンセラー起業」講座、

カウンセラー専門コンサルティング(定員オーバーのため現在受付中止)、

オンライン講座、会員制

といったサービスを提供しています。

 

そこでは

カウンセラー起業して成功したい方、

社会貢献していきたい方をサポートしています。

 

3年以上300人以上のカウンセラーさんとお会いしていると

面白い傾向が見えてきます。

 

「この人はあっという間に成功する人だ」

「時期はわからないけど、いずれ成功する人だろうな」

「どっちに転ぶかまだわからないな~」

「このままだと難しいだろうな」

 

その人の発する言葉と行動を見ていると、

その人のタイプがわかってきます。

 

ここで注目したいのは、やはり

「この人はあっという間に成功する人だ」

ですよね。

 

このタイプの言動を知って、

意識してやっていくことが大事だということです。

 

それでは、

こういうタイプの人はどういう特徴があるのでしょうか?

 

それは・・・

 

 

 

「素直」

 

です。

 

めちゃくちゃ単純ですけど、一言で言うと

本当に「素直」なんです。

 

・教わったことを素直に実行する

・わからないことは、まずは自分で調べてみる

・迷う部分は、自分の理解があっているかどうか、ザックリと確認する

・実行してみた結果、迷ったところは素直に質問する

・アドバイスを受けたら、再び素直に実行する。

 

基本的には、この繰り返しですね。

これができる人は、どんどん学びを吸収するし、

目標に向かって着実に進んでいきます。

 

 

こういう人と接すると、こちらも大いに刺激を受けます。

さらには感謝の気持ちを持てる人なので、

お互い心地よい関係を築いていけます。

 

結果的に、こういう姿勢でいるとかなり得をするんですよね。

 

そして、「素直」であろうとする人は

最短で成功起業家マインドを身に付けられます。

 

「素直」であろうとする人は、

教わり方も上手いです。

余計なプライドも手放せるので

適切に気を遣える人でもあります。

 

 

レストランでもそうですよね。

お店側から良いサービスをしてもらえる人は、

適切に気を遣える人なんですよね。

 

良好な関係を作れるので

結果的に得をします。

 

一方で消費者側の志向が強い人は、

「自分は客だ」

から当然だといわんばかりに、横柄な態度を取る人がいます。

 

損したくない意識がモロにでているのですが、

結果的に損しています。

 

 

レストランだけならまだいいのですが

起業する人は、

いつまでもお客様側だけの視点ではいけないわけです。

 

 

カウンセラー起業講座では、

成功起業家マインドを身に付けることを大切にしていますが

その他にも

売上に直結するためのカウンセリングスキルや

売上を作っていく方法をお伝えしています。

 

カウンセラーさんにとっては、

カウンセラーマインドも身に付けていく必要があるし、

起業家マインドも身に付けていく必要があります。

 

安定させるのがカウンセラーだとしたら、

不安定にさせるのが起業家です。

 

不安定とは、安定した状態を自ら崩すことで、

成長していくことです。

 

安定と成長をバランスよく身に付けられるのが

この「カウンセラー起業」ということです。

 

カウンセリングの現場でも

まずはクライアントの気持ちを安定させていく、癒していきます。

 

だけど、クライアントの人生を大きな視点でみると、

自ら安定を崩して、

いろいろなことにチャレンジさせていくことが大切になってきます。

 

だから、開業カウンセラーは

安定と成長のバランスをしっかりとれるようになっておくことが

大事だと私は考えています。

 

そして、この安定と成長のバランスを身に付けられるようになるためには、

ここでも「素直」であることが重要キーワードになるのです。